介護における究極のソフトウェアとは

  • ケアプラン作成などの介護関係ソフト

    • 居宅介護支援事業者が作成するケアプランや、各在宅サービス事業所が作成をするプランでは、手で一つ一つ作成をすることは滅多に無くなりました。

      独自性の高いiemoについての情報をお探しの方は必見です。

      通常は介護関係のソフトで全て作成をする流れになってきています。



      また、このソフトの中には、居宅介護支援事業者が作成をしたケアプランのデータの取り込みが可能なものまで存在し、結果的に省力化に成功しているところも出てきました。一々ケアプランを紙で眺めながら作業を行うことが無くなり、全てデータ上で確認をしながら作業を行えるようになっている時代です。



      無論、こうした対応が出来るのはソフト購入などに一定の費用がかけられるところです。
      また、社会福祉法人などでは、関係する事業が多く、連携も自分の社会福祉法人内で完結するケースも見受けられます。一応抱え込むのは望ましくないという指針もあり、また介護報酬にも影響が出るようになっていますが、影響が出ない範囲ぎりぎりで対応をするところも多いです。


      このような状況にあって、あえて外部のソフトの導入を行う必要は無いと考えるケースも散見されます。
      つまり、介護関係のソフトでは、省力化を徹底して行うところが導入を推し進める場合とそこまで求めていないところとに分けられる状態になっています。

      ただ省力化を考えていない場合でも、何らかのものは必須です。
      今や手書きでケアプランを作成する時代ではありません。
      必要に迫られて導入をしているところもあります。


top