介護における究極のソフトウェアとは

  • パッケージ版介護ソフトで注意すべきこと

    • 介護ソフトを導入するときには、パッケージ版とASP型がありますが、今回は、パッケージ版で注意しなければならないことを紹介します。
      パッケージ版の場合には、パソコンさえあればインターネット回線がなくても算定業務その間の行うことが可能です。


      しかし、国保連へ直接伝達をする目的で使う時には、インターネット回線を引いておく必要があります。

      OKWaveの情報をお届けします。

      また、介護保険の法改正が行われるたびにプログラムの変更をしなければなりませんが、購入した会社から提供されるCD-ROMまたはアップデート内容をダウンロードして書き換える作業が必要になります。この作業はそれほど難しいものではありませんが、更新をすることは欠かせません。

      より事業者の負担を軽くするため、会社側が直接インターネットを通じて遠隔操作によって対応できるところも出てきています。また、パッケージ版を導入するときにスムーズに行えるかサポートのサービスがあるかどうかということも事前に確認しておきましょう。
      中にはセットアップを行ってくれる会社もありますし、遠隔での操作を可能としているところもあり、ほとんどの会社ではきめ細やかな対応をしてくれるのが普通です。



      さらに、介護ソフトを使用している時に不明点やトラブルがあることも珍しくありませんので、サポート体制がサイトだけではなく、電話やファックスなど複数のツールで可能かどうかも確認しておくといざという時にも安心でしょう。



      介護ソフトでパッケージ版を検討中ならこのような点に注意をしなければならないことを把握しておくようにしましょう。

top